• facefontsstructure
  • facefontsstructure
  • 「楽焼のスピリッツ」

    茶道に用いられる楽焼の茶碗。型にはまらない自由な表現で、常に前衛的な精神を感じさせながらも、茶の湯を楽しむための器として、しっくりと手になじみ、使い手を心地よい気持ちにさせてくれます。フェイスフォントストラクチャーはモノと人との理想的な関係を目指します。裏打ちされた揺るぎない機能性の上にこそ生きる遊び心のあるメガネ。マスターピースとして、どれだけ時を経ても色あせることのないプロダクトでありたいと願っています。
facefontsstructure
  • facefontsstructure
  • facefontsstructure
  • ST-500 series

    ST-500シリーズは鯖江の高度な眼鏡加工技術があって初めて製造可能となったフレームです。チタンプレートをプレス抜きして作られたフロントは、高いフレーム剛性を持ち、ゆがみが生じにくい構造です。テンプルはベータチタン材をスェージング加工し、更に部分的なプレスにより適度な弾力性を持たせました。また、特徴的な印象のモダンパーツはベータチタンコアを有する二重成形製です。そのホールド感と、一体感のある掛け心地は唯一無二ともいえるでしょう。
facefontsstructure
  • facefontsstructure
  • facefontsstructure
  • ST-510 series

    フェイスフォント・ストラクチャーは、眼鏡の骨組みを根本から見直し、眼鏡の次の形を追い求める姿勢から生み出されるシリーズです。その中のひとつ、ST-510シリーズは0.6mmのβチタン材を使用したシートメタルフレームとオリジナル丁番機構“サークルヒンジ”により構成されたスクリューレスモデル。ネジの緩み、ロー離れと呼ばれるパーツ接合部分の剥離などを解消しながらも、βチタンのしなやかで粘りのある弾力性は軽く快適な掛け心地を実現しています。
facefontsstructure