• facefonts classico
  • facefonts classico
  • 「着物コンセプト」

    着物には機能性と芸術的な美しさが同時に備わった極めて日本的な機能美があります。日常生活でほとんど着ることがなくなった現代において、それはある種のあこがれや特別な思いを感じさせます。伝統の積み重ねに抱く畏敬の念。眼鏡にも同じ事が言えます。
    クラシックやビンテージといわれるカテゴリーのフレームをリスペクトしながらも、現代のデザイン設計思想を加えることで、掛け易さやデザインがアップデートされたトラディショナルモダンな姿に仕上げました。
facefonts classico
  • facefonts classico
  • facefonts classico
  • CL-800 series

    上質なセルロイド製のフレームです。現代的解釈で再設計され、非常にかけやすい仕上がりに。太くて厚いものが主流のセルロイドフレームのテンプルですが、クラシコはセルロイドの特性を生かし、テンプルの厚みを極限まで薄く削り込みました。それにより柔らかな弾性が得られ、快適なフィット感が生まれました。伝統的な製法にこだわりながらも、より掛けやすさを追求した職人とデザイナーとの対話から生まれた形です。
facefonts classico
  • facefonts classico
  • facefonts classico
  • CL-850 series

    Essential of classico。よりクラシカルを追求したモデルがこのCL-850シリーズ。鯖江の職人による手作りの風合いを大切にしたクラシックテイスト溢れる造りになっています。カシメ7枚丁番やサンプラチナ製の飾りピン、彫金模様のテンプル芯金など、細部へのこだわりが落とし込まれています。また、テンプルの製造方法は、短冊状のシート生地を芯張りしてから外形を削るという昔ながらの製法にこだわりました。この製法により、手作りの風合いが残り、一枚ごとに違った表情のフレームに仕上がっています。素材はセルロイドより色の豊富なアセテートを使用。
facefonts classico
  • facefonts classico
  • facefonts classico
  • Over seas models※海外限定モデル

    CL-500シリーズは海外のエージェントのリクエストにより制作されたモデルです。そのため、国内での流通はほとんどありませんが、クラシコらしい、ビンテージフレームをリスペクトしながら、現代的な解釈によるデザイン設計されたモデルです。そこには日本製であることの誇りとこだわりが現れています。
    βチタンのしなやかな掛け心地とアセテート生地の深みのあるカラーがやわらかな表情を演出します。
facefonts classico